家庭教師ビジネスの魅力

家庭教師を雇うという事

生徒を指導する講師を雇う、という事は必ず必要なこと。
こと、生徒1人に対して必ず1人の講師を手配しないといけないという事は、一見塾の雇用形態よりも負担が大きいように見えるかもしれません。
しかし実際は、そんなこともないのです。このからくりには雇用形態にあります。

塾の場合は集団・個別指導問わず講師を塾が直接雇用しています。
対して家庭教師の場合は、委託契約を結ぶという形で講師を確保しています。

家庭教師は授業を受け持った分に対して報酬を払えばよく、直接雇用するわけではないので労働を保障する必要もありませんし、
授業を持つ機会がない場合は、とりあえず登録講師として確保しておくだけでよいのです。
そして必要な時はその講師を起用すればよいわけですね。

この形態であれば、様々なタイプの講師を傘下に確保しておける充実さ、そして必要な時に講師を揃えられる潤沢な人材確保が可能なのです。

指導場所について

次に指導する場所についても家庭教師ビジネスの強味があります。
家庭教師の場合、教室などの「教える場」を用意する場合がありません。
強いて言えばその会社を運営する会社のオフィスさえあれば良いわけです。

この点においては、ランニングコストを最小限に抑えるという事に多大なる影響を及ぼしています。
教室が必要であれば毎月の家賃や光熱費、教室運営の社員確保など、運営のコストに大きな労力を割かなければなりません。
しかし家庭教師であればそれは全く必要なく、ビジネスの運営にかかるコストと言えば事務局の運営費、そして家庭教師を派遣する分の人件費という事になります。

このビジネスモデルは、通常学外の科目指導にかかわるビジネスの中でもとりわけコストの低い業態であると言えるでしょう。
つまり、家庭教師ビジネスは最も効率よくビジネスを回していけるモデルケースだといえるのです。


この記事をシェアする