教育産業の実態と変遷

現代では学生・社会人問わず様々な人が学ぶ場、塾。
その起源は平安時代にまでさかのぼります。

平安時代のそれは、「富国強兵」などを学ぶ場でした。
現代では、小学生から高校生などの学生が科目指導を受ける場となっています。
時代の移ろいに順応して、学ぶ内容も都度変化してきたといえるでしょう。

対して家庭教師はどうでしょう。
家庭教師の期限を遡ってみると、なんとギリシャ時代にまでさかのぼります。
非常に歴史の深い指導形態だといえますね。

どちらの学外の科目指導においても、似ているところもあれば大きな違いを持っているところもあります。
現代の日本においては、もはや学校教育だけではなく塾や家庭教師も必ず必要なものと言えるでしょう。
塾の場合は学校を差し置いて生徒に受験のバックアップをする場合もまま見られますし、家庭教師の場合は生徒ひとりひとりに沿ったマンツーマンの指導が魅力です。
さらに、指導内容についても最近では5科目(国語、数学、英語、社会、理科)だけではなく、音楽や体育など様々な科目を網羅するようになりました。
一人一人の苦手を共に克服していくオリジナリティがあるのは家庭教師の大きな強みだといえますね。

時代の流れと共に刻刻と変化していく教育産業界。
ビジネス的な観点から見ても、常に新しいものを取り入れ続ける面白いジャンルと言えるでしょう。
子どもの教育に関して熱心な親も多いですし、受験の激化も伴うなかで、これからも注目し続けられる業界だといえますね。

今回は、塾と家庭教師の実態把握と比較を踏まえながら、家庭教師ビジネスの実態に迫っていきたいと思います。

おすすめリンク

簡単で便利な英文校正とは

レポートや手紙などの日常的な文章の英文校正を依頼できるところを紹介します、これでもう英語が怖くない!

塾と家庭教師の変遷

ここでは、教育産業界がどのように発展してきたのか、順を追ってみていこうと思います。 もともとは学校の授業の補足やサポートの意味合いが強かった塾・家庭教師でしたが、その存在意義は日々変化してきました。 その変化の流れと現状を紐解いていき、塾とは何か、家庭教師とは何かを深く理解していきましょう。

塾ってどんなところ?

日本人の多くが一度は塾に通ったことがある、といってもおかしくない現代。 ビジネスとしてはどのように成り立っているのでしょうか。 ここでは、各塾の形態と家庭教師とを比較しながら塾についての理解を深めていきましょう。 これによって家庭教師の効率的なビジネスについても良くわかるのではないかと思います。

家庭教師ビジネスの魅力

もちろん家庭教師ビジネスにも塾ビジネスにもメリットとデメリットがありますよね。 しかし昨今、家庭教師ビジネスこそ非常に効率的なビジネスだといわれています。 その理由やポイントはいったい何なのでしょうか。 塾と家庭教師の違いを念頭に置きながら、家庭教師ビジネスの神髄に迫っていきましょう。